生理時の腰が重い、少しの痛みは普通? 普通は何もない事ですよ!

こんにちは!「あらた美容鍼灸院」の荒田美和子です。

 
生理前って、顔にニキビが出たりしませんか?


先日の患者さん、ニキビが出ていたので、

「顔のニキビ、痛そうですね(>_<)

生理の前ですか?

生理前の不調で出ているのではありませんか?」

と聞くと、

「そういえば、顔のニキビって、生理前が多いかも?!

でも、生理の不調は、何もありませんよ^^

ただ、初日と2日目にお腹と腰が重くなったり、痛い時があるだけです。」

お腹と腰が重くなったり、痛い?!


「それ・・・生理の時の不調ですよ。」

と言うと、とっても驚いて、言われました。

「え?! 生理痛が酷くて、薬を飲まないと生活できない人に比べたら、このくらいは普通だと思っていました」

そう、痛みのひどい人がいて、薬を飲まないで生理期間を過ごすことが出来ない、そういう人が多い。

だから、薬を飲まずに、または一日1回薬を飲むくらいは、ひどくないって、勘違いしてしまうんですよね。

でも腰の重さや痛みは普通ではありませんよ。

普通は、重くなったり痛くなったりしません。

何も感じずに、生理期間が過ぎるのが、普通なのです。

 
重くなったり、痛みがあるのは、普通ではありません。

普通は何もない、それが身体にとって普通のこと。

だって、痛いというのは、身体からのメッセージ。

「ここ、変なの、、、おかしいの、だから治して!」

という身体からのメッセージです。

生理痛の施術では、一日目でも痛くならない身体になるように施術をしています。