電気をつけて寝ても、深い睡眠はとれるのでしょうか?

Yさんは、疲れと肩こりがあると言って、ご来院されました。

お話しが好きなYさんは、普段は施術中もしゃべっているのに、その日は黙ったまま。

いつもと違う様子なので聞いてみると、寝ている時間は長いのだけれど、寝た気がしないと言うのです。

理由は、早起きをしなければならなくて、寝過ごさないように、と電気をつけたまま寝たそうです。


 
寝坊してはいけない、この気持ちはよくわかります。

でも、これでは疲れが取れないのです。

 
睡眠について、お話ししますね。

 

眠る為のホルモン、メラトニンというのがあります。

このメラトニンは、夜暗くなると分泌量が増えて、体温や血圧を下げて睡眠の準備をします。

日中や強い光を浴びると、メラトニンの分泌は減少します。

朝の目覚めをスッキリさせるために、朝日を浴びるといいと言われますが、これはメラトニンの分泌量が減って、生体リズム(体内時計)が調整されるからなのです。

夜、電気をつけているということは、メラトニンの分泌量を減らして、目を覚ましてしまいます。

つまり、睡眠に入りづらくなるということですね。

電気をつけて寝るというのは、長い時間眠っていても、浅い眠りだけになってしまいます。

寝不足と同じことで、疲れが取れませんよね。

 
睡眠は「どのくらい寝ているか」ではなく「睡眠の質」がとても大切です。

疲れているなぁ、疲れが取れないなぁ、と思う時は、睡眠の質を考えてみてくださいね。

 
では、睡眠の質を良くするためには、どうしたらいいのでしょうか。

眠りを深くしてくれるハーブがあります。


ラベンダーです。

ラベンダーは、睡眠を深くしてくれる作用があることが、実験でわかっています。

使い方は簡単です。

サシェなど、ラベンダーが入った物を枕元に置いておくだけ。

香りがうすくなったら、もみもみして、香りを出してください。

 
そのほかに、

ラベンダーのエッセンシャルオイル(精油)を使うのもありますね。


 
ティッシュペーパーに1滴落とし、枕もとに置いて寝るだけ。

これで深い眠りが得られるので、お疲れも取れやすくなりますよ。

 
寝ている間に、身体は自分で回復してくれますから、睡眠の質を良くして、身体の疲れをとってくださいね。

睡眠の質を良くしても、身体の疲れがとれない時は、鍼灸施術で身体を温め、眠りやすい身体を作っていけますよ。